カマグラゴールド、誕生とその歴史

手

ED治療薬の通販サイトにおいてカマグラゴールドは何かと上位にいたりして、かなり人気の商品であり、ED治療を望む人の多くに愛されていますが、なぜそんなに人気なのでしょうか?

カマグラゴールドは一体どのように誕生したのか、その歴史について迫ってみます。

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品

ズバリ、カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラというと、EDやED治療薬という言葉がわからなくても聞いたことある人がほとんどだと思います。

そんなバイアグラのジェネリック医薬品の代表格ともいえるのがこのカマグラゴールドというわけです。

なのでまずバイアグラよりも歴史は浅いです。ジェネリックというのは新薬(ここでいうバイアグラ)の特許が切れてから作られるものなので、カマグラゴールドなどは歴史はそんにないと言っていいでしょう。日本においては、2014年になってやっとバイアグラのジェネリックが製造・販売されたほどです。

バイアグラ以外のジェネリックに関しては、まだ日本で認可されていないものもあるので、日本に出回ったED治療薬のジェネリックとしては、初期の方にあたるということになりますね。

バイアグラの歴史

バイアグラでは、そんなカマグラゴールドの産みの親であるバイアグラの歴史について見てみましょう。

バイアグラはもともと「バイアグラを作ろうよ!」ということで研究・開発されていたわけではありません。狭心症の研究・開発がなされている時に、たまたまEDへの改善効果があることがわかり、調子の悪かった狭心症の研究を放り投げて(狭心症もちゃんと研究などを行われています)、バイアグラの開発に切り替え、バイアグラが誕生しました。

なので、ED治療で大活躍しているED治療薬たちルーツは予期せぬありがたいおこぼれから始まったようなものということになりますね。

そんなこんなでバイアグラができ、特許が切れてからが、その成分を生かしたジェネリックであるカマグラゴールドなどが世に出回るようになりました。

他にもバイアグラの次の世代であるレビトラや、またその次の世代であるシアリスなども登場し、ED治療薬業界はかなり賑わいを見せています。

今はまだ、この主要な3種類の下のジェネリックが並ぶ形となっていますが、これからは第4世代、第5世代などというように、どんどん新しくてハイスペックなED治療薬が出てくることでしょう。

今後の研究・開発に期待が高まるばかりですね。